長野山梨わんにゃんペットTOP
犬図鑑(プードル)
プードル
犬種
プードル

体型
小型犬(56)

犬種グループ
家庭犬、愛玩犬

原産国
フランス

耳の形状
垂れ耳

尾の形状
断尾型尾

体高(標準)
プードル(スタンダード)38cm〜/(ミニチュア)28cm〜38cm/(トイ)〜28cm

体重(標準)
プードル(スタンダード)15〜19kg/(ミニチュア)12〜18kg/(トイ)〜3kg

被毛
クルクルとカールしており、粗く密集している

毛の色
ブラック,ホワイト,ブルー,ブラウン,アプリコット,クリーム,オレンジ,シルバー,シルバーベージュ

寿命
9〜11歳


同調性


自主性


なつきやすさ


しつけやすさ


留守番可能度


公共順応性


珍しさ


初心者適性度


高齢者適性度


子供適性度



特性
他の動物や犬とも仲よくでき、なんの問題もなく一緒に生活することができます。見知らぬ人に神経質になることもありますが、子供がいる家庭には最適な犬種です。


歴史・起源
プードルというとフランスを思い浮かべる人も多いと思いますが、原型となった祖先犬は中央アジアに存在していたと考えられています。カールのかかった被毛 を持ったこの犬たちは牧畜に携わっており、いろいろな経路をたどってヨーロッパ各地にたどり着きました。その後、何種類ものラフ・コートの犬たちと掛け合 わせられたと考えられています。


飼育上の注意点
頭がよく忠実で、快く人にしたがう性格ですが、少し独断的なところもあります。活発で陽気な傾向もあります。スタンダードは勇敢で落ちついていますが、ミニチュアやトイ・プードルは少し興奮しやすいのでなるべく穏やかに飼うことをおすすめします。プードルの最大の魅力のコートのお手入れはまめにブラッシングし、1週間ごとにシャンプーやブラッシングをする必要があります。プロのトリミングやシェーピング、クリッピングがはずせません。運動室内でも戸外でも活動的。どのサイズのプードルも都会に適応するため運動量は少なめでも大丈夫でしょう。


健康
ちょっと神経質なところもありますが、一般的には愛情深く、温和で賢い犬です。


かかりやすい病気
心臓疾患,皮膚疾患,糖尿病,胃捻転,関節疾患,難聴,椎間板疾患,てんかん,環軸亜脱臼,眼疾患,水晶体脱臼,汎進行性網膜萎縮,白内障,尿石症



プードルの画像館へ(30)
犬図鑑へ戻る
長野山梨わんにゃんペットTOP
(C)長野 山梨わんにゃんペット